介護食資格

「介護食資格」のアイキャッチ画像

現在の日本における高齢化社会は、大変深刻な状況と言えます。

その中でも高齢者の特徴に合わせた食の提供について体系的に学べる資格、「介護食」の資格と、その知識を得た人は、そのニーズが高まっています。

今後ますますニーズが高まる介護食の資格について、詳しくご紹介します。

介護の現場では当たり前のスキルかも

高齢化社会に突入した日本では、増える高齢者に対しての介護職員の人材不足が問題視されています。

介護施設は増加し、介護職員のニーズはとても高まっています。今現在、介護の資格を活かせる場はどんどん広がっています。

そして要介護者の食事をサポートできる資格にも注目が集まっています。

アップロードした画像

介護食の資格の習得後はその知識を十分活かせるものです。

介護食士とは?

要介護者向けの食事が提供できる専門知識を学んだ人に与えられる資格です。

介護に携わる方たちの調理技術を向上させる目的で設けた民間の認定資格制度です。

介護が必要な方に、適切な食事を与えられるのが介護食士です。高齢者の食生活を支える上では必要な知識が得られるようになります。

介護食士は主に高齢者に食を提供する人が習得する資格です。

資格を活かせる職場は?

  • 介護施設の厨房で働く。
  • 調理師や管理栄養士、グループホームなどで働く介護士。

食事は生活や健康に密接な関わりがあり、心身に影響を及ぼします。

介護食に関わる知識は一生役立つものです。

介護食マイスターとは?

介護食について基本的な知識を有しているものに認定される資格です。

  • 介護食の種類
  • 介護食の作り方
  • 高齢者と食事の関係
  • 食育と介護食の関係
  • 状態に応じた介護食の種類
  • 流動食の種類と特徴など

上記のような、介護食の基本的な知識を学べます。

資格の習得後は、福祉施設などで活躍できます。

料理するより食事の介護が重要

食事を手作りして栄養バランスの配慮をすることも大事ですが、要介護者には食事をする際の支援が重要となります。

食事のサポートをしてあげましょう

介護食ではこれらのことに気をつけることによって、楽しい食事が実現します。

  • 食事の介護が必要な人は噛む力が弱く、柔らかいものを好むのでメニューに工夫が必要。
  • 水分の少ない食材や、調理法では飲み込みづらいので、工夫が必要。
  • 胃粘液の分泌量の減少により、胃もたれがしやすくて、便秘になりやすいので注意する必要がある。
  • 食事の前に口の中を清潔にしてあげることで、細菌が器官に入り込むことを防止できる。
  • 安全な姿勢で食事することで、誤嚥性肺炎を防げるので姿勢には注意が必要。
  • 食事をする際には食べたいと思えるように、献立の内容の説明をする必要がある。

介護食とは?

食事からの栄養補給は、生きていくためには必要不可欠です。

しかし、要介護者は食べる機能が低下しています。そこで介護食が必要となります。

介護食とは以下のようなものです。

  • 通常の食事を食べやすくアレンジしたもの
  • 噛みやすく、飲み込みやすい食事。
  • 要介護者の病態に合わせた、健康をサポートする食事

以上から分かるように、介護食は食べやすく配慮された食事です。

なかなか食べてくれない時の工夫

食べる側の人の気持ちを考えて、調理方法など工夫をしましょう。

  • 食材の柔らかさを意識して、噛みやすい食事にする。
  • 飲み込みやすい食事を作る。
  • 体調に合わせ、配慮した食事メニューに。

介護食の資格の習得後は、幅広くその知識を活用できます。

以下のような食事が作れるようになります。

  • きざみ食
  • ゼリー食
  • ミキサー食

魚・肉・野菜・卵などの食材を工夫して調理できます

ヘルパーになる前に取得すると良いかも

アップロードした画像

介護関係の仕事をする時に、あらかじめ介護食の資格があると、就職にも有利ですよね。

無資格から介護の仕事(デイサービスのケアスタッフ)を始める方もいます。

介護の仕事を体験して、理解してから資格を取得するのも可能ですが、介護の仕事のプロを目指す方は、ぜひヘルパーになる前に介護食の資格を取得してください。

ホームヘルパー(訪問介護員)とは?

介護が必要な方の自宅を訪問して、日常生活のお手伝いをする仕事です。

食事や洗濯などのほかに、生活上のアドバイスや介護者の精神面のサポートも行います。

仕事内容は主に以下の3つです。

  • 身体介護…排泄、食事、着替え介助、入浴介助など
  • 生活支援…掃除、洗濯、調理、買い物などの家事の支援や薬の受け取りなど。
  • 通院の介助…ホームヘルパー自ら運転して、利用者を病院へ連れていき介助します。

ホームヘルパーは家事の代行のような仕事内容ですが、全く異なり介助のプロです。

介護食の資格を習得しよう

介護食の資格の需要は高まるばかりで、この先資格保有者はますます重宝されます。

アップロードした画像

介護食において、食事からの栄養とケアはとても重要です。

仕事で資格を活かせるのはもちろんのことですが、介護の資格の知識はお家での介護でも十分に活かせます。

あなたも介護の資格を取得してみませんか?


食事介助の手順と方法やポイント、
調理サービスなどについて、幅広く理解出来る

介護食に関して基礎から知識を得ており、
様々なレシピの知識を持つ