瞑想インストラクター

「瞑想インストラクター」のアイキャッチ画像

瞑想インストラクターとは、マインドフルネス瞑想に関する基本的な知識を持っている事を証明する資格です。

瞑想インストラクターは、マインドフルネスをただ知っているだけでなく、実践する方法が身につきます。

より詳細な内容は資格公式サイトをご確認ください。

子どもの勉強にも生かせる瞑想インストラクター

集中力の向上に効果があるとされているマインドフルネス瞑想は、大人だけでなく子どもにも効果を発揮します。

瞑想インストラクターは、一般的な瞑想とマインドフルネス瞑想の違いをしっかりと理解した事を証明する資格です。

瞑想インストラクターとして認められるには以下の6つのスキルを有している必要があります。

  • ストレス
  • 記憶力
  • 集中力
  • 免疫力
  • 感情のコントロール法
  • マインドフルネス瞑想の呼吸法

などのスキルの習得が必須になります。

また、瞑想インストラクターは、上記6つのスキル以外に以下の実践方法についての知識も証明されます。

  • 数を数える
  • 歩く
  • 座る
  • 書く

瞑想インストラクターは、マインドフルネス瞑想の基礎知識に加え、実際に実践できるスキルを有していることで証明される資格です。

マインドフルネス瞑想は、仏教思想心理学が融合したリラクゼーション法です。

マインドフルネス瞑想は、学習塾や学校でも取り入れており、マインドフルネスを実践した時の集中力の効果が実証されています。

アップロードした画像

受験シーズンは、子ども達も焦りや不安で落ち着かず、ピリピリした状態が続きます。

これは、子どもにとってストレスでしかありません。ここで、マインドフルネス瞑想が効果を表してくれます。

短時間のマインドフルネス瞑想で、感情のコントロールや集中力の向上が期待できます。

出来ない自分を否定するのではなく「今」直面している問題も素直に受け入れる事でストレスが軽減し、集中力がアップします。

瞑想インストラクターは、そんな問題に直面している子どもたちの助け舟にもなるでしょう。

仕事や勉強前の瞑想は効果的

マインドフルネス瞑想は、仕事や勉強前が一番効果的です。

「さ!始めよう!」と思っていても、山積みの仕事や、終わりのない勉強に始める前から嫌気がさすことも多いと思います。

このような状態では、集中力はあってないようなものになってしまいます。

そこで、仕事や勉強前にマインドフルネス瞑想を取り入れると、やるべき事や順序などが明確に見えて、更に集中力もアップするので、パフォーマンスも向上されます。

マインドフルネス瞑想は、椅子に座る、床に座ったまま、などのリラックス状態で行える内容です。

仕事の始業前に取り入れている企業や、学習塾や学校では、学習に入る前に行っているところがあり、集中力やパフォーマンスの向上効果も実証されています。

アップロードした画像

全てにおいて「集中力」はとても重要になっていきます。

作業をする前の、瞑想は一日の自分のパフォーマンスを上げる為の良い方法です。

成績やミスの減少につながるかも

頑張りすぎると人は疲れ、集中力や判断力が鈍っていきます。

仕事や勉強でのミスが続く、体力的の限界やストレスから鬱状態になる、などの事も考えられます。

そうならない為にも、マインドフルネス瞑想を取り入れていくことが、今後の役にたっていきます。

脳がエネルギーを全て吸収してしまうと、認知能力が低下してしまいます。

認知能力が低下すると、「心ここにあらず」となり、話している人の言葉が、頭に入ってこなくなってしまいます。

マインドフルネス瞑想を仕事や勉強前に取り入れる事により、ミスをした時に、自分がどんなミスをしたか自分自身で気づけるようになります。

そして、次第にミスをする前に、「この間と同じだ」と気づけるようになり事前にミスを防ぎ、ミスの減少に効果があるとされています。

マインドフルネス瞑想は、集中力以外に記憶力・免疫力の向上にも効果があるとされている健康的な方法です。

時間効率が良くなって充実するようになる

マインドフルネス瞑想には、ただ目を瞑り、呼吸に集中する方法だけではありません。

「書く瞑想」も瞑想インストラクターは熟知しなくてはいけないスキルです。

普段何気なくスケジュールを書いている手帳こそが、「書く瞑想」に繋がります。

TODOリストがいい例ですね。

その日の「やること」や「やるべきこと」を書き出し実践していく方法です。

書く瞑想を行う事で、次にやることが明確になり、時間を効率的・有効的に使えるようになり、充実した日々が送れるようになります。

マインドフルネス瞑想の呼吸法による瞑想だけでなく、書くことや歩くことの実践方法もしっかり学び、瞑想インストラクターとして活躍できるようになります。

瞑想インストラクターは、学校の先生や企業で働く人、自営業をしている人など、職がありながら資格を保有している方が多く、自分の働く場所で実践し効果を実感している方が多いです。

アップロードした画像

資格取得後は、自宅やカルチャースクールで講師活動、瞑想インストラクターとして活躍の場が開けます。

専用の道具を揃える必要なく、日常生活に簡単に取り入れられるので、この機に瞑想インストラクター資格を取得してみませんか?

在宅でも受験に参加できるので、当記事を参考に瞑想インストラクター資格の取得にチャレンジしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です