音楽療法資格

「音楽療法資格」のアイキャッチ画像

音楽療法資格とは、音楽の歴史や効果を学ぶことで、人の心へ与える影響を理解し、人の心を癒す、あるいは心地よい空間を作れる人へ与えられる資格です。

資格を取得することで、人が何気なくリラックスできる空間や購買意欲を促進する空間の演出ができるようになります。

実際にどのようなスキルなのか、見ていきましょう。

カフェのBGM選びに生かせるスキル

音楽療法資格は、「療法」の名前がついている通り、医療、福祉、児童養育の現場で使われる方法です。

音楽を聞いたときに表れる心の変化の理解によって与えられる効果には以下のとおりです。

  • 聞き手の精神的安定
  • 聞き手の気分の向上を図る

音楽の持つ力を理解していると、医療の現場だけでなく、日常的なシーンでも大いに活用が期待されます。

特に「人がリラックスを求めて集まる場所」では、リラックス効果を高めるために、より適した音楽が大きな効果をもたらします。

カフェのBGM選び一つにとっても、音楽療法の力には応用場面があります。

客層・時間・流行によってリラックスに適した音楽というのは変化していくため、お客様が無意識にリラックスできる音楽を選ぶことは簡単ではありません。

アップロードした画像

そのBGMを選ぶ意味を利用してカフェ空間を作り出すことは、まさに現代での「療法」と言えるでしょう。

博物館や美術館の選曲にも

人がリラックスを求めて集まる場所は、カフェだけではありません。

例えば博物館や美術館も人々がリラックスを求めて集まる場所です。しかしカフェと状況は大きくことなります。

  • 人の動きがある
  • 人が話す空間ではない
  • 観賞という本来の目的がある

これらの違いを理解してBGMを選曲するのは、非常に専門的な知識が必要です。

間違った選曲をしてしまうと、リラックスできないだけでなく、展示物を観賞するという本来の目的にさえ干渉してしまいます。

音楽療法資格検定の中には、こうした状況を解決する項目も含まれています。

イメージ誘導法

音楽がもった力を使うことで、聞き手の心をイメージする方向へ導く方法です。

気分に応じた選曲リスト

あらゆるジャンルの曲から、癒し・興奮・悲しみ等の気分を演出する曲を学んでいきます。

このように実際の場面を解決するための内容も、資格の習得内容の中に含まれるので、博物館や美術館のような空間のBGM演出もできるようになります。

レストランや小売店の音楽選びも大切

リラックス・癒しを目的とした音楽の演出は、比較的想像しやすいものと思います。

それは音楽療法が「療法」を軸としているため、「人を癒す」ことがその主な意義だと思われているからです。

しかし、音楽療法は、そうした「癒す」ことだけを目的としているのではありません。

音楽療法の意義は、音楽が人の心に与える効果を知り、社会のためにあらゆる場面でそれらを使うということです。

癒し以外の音楽の効果が必要な場面として、レストランや小売店が挙げられます。

レストランや小売店は、先ほどの「癒し」の空間と大きく異なる点があります。

  • 人が話声をあげる場である
  • 人が楽しむ場である
  • 人がお金を使う場である

つまり、音楽療法の資格を持っているものとしては、これらの目的を果たすBGMを選出しなければなりません。

  • 会話が弾む音楽
  • 会話の邪魔にならない程度に人を楽しくさせる音楽
  • 人の購買意欲を刺激する音楽

こういった明確な目的をもった音楽を選ぶのは、知識がない人にはできません。

アップロードした画像

どういった音楽が人の心にどう作用するのかということを学ぶことによって、ベストな選択肢を導けるようになるのです。

家庭にいる時のBGMで癒やし効率がアップ

音楽療法資格を持っていると、あらゆる環境において、適したBGMを選べるようになります。

それは、職場や依頼された場だけではありません。

自宅においても自身で適したBGMを選ぶことで癒し効果が得られ、家事・在宅ワークの効率をアップさせられます。

実際に医療現場の音楽療法でも、日常の中に癒し効果の高い効果を取り入れることで、精神的に落ち込みがちな人の気分向上させることがあります。

それを自宅で行い、心を優しくケアしてくれるような環境を音楽の力で作り出します。

これらのように音楽の力は、人の心を動かすほどに大きなものです。

場面に適した音楽を選ぶことで、人の心を自在に導く姿は、まさに音楽の「ソムリエ」と言えるでしょう。

音楽療法資格を取得したい場合は、以下の2つの資格試験があります。

  • JAAMP(日本メディカル心理セラピー協会)が実施する「メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験」
  • 日本インストラクター技術協会が実施する「音楽療法カウンセラー」

これら2つの資格試験です。


メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験では、音楽歴史などにも踏み込み、音楽療法の原点を学び、古い歌から新しい歌まで幅広い知識の習得を目指します。

「療法」の側面だけに限らずあらゆる面において音楽の力を生かしていくための資格です。

音楽療法カウンセラーは、音楽療法について深く学んでいきます。

音楽療法の種類や特色、対象など、音楽療法についてあらゆる側面からの知識を身に着けます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です